スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブックリーダーをいじってみる

 「エデンの東」と「東のエデン」。
 何故こんな紛らわしいタイトル、同じような時間帯の番組を同時期に放送するのか。
 ソフ倫云々規制に沸き立つ世の陰で、深夜帯のジャパニメーション界隈を粉砕すべく、恐ろしい陰謀が密やかに進んでいるに違いありません。

 続きが気になってテレビの前でwktkしている夜型人間の目の前で、韓国ドラマのOPが流れるという、極悪非道、血も涙もない仕打ち。
 あの時のスーパーガッカリ感を僕は一週間忘れないでしょう。




 前記事に書いたbookreader.jsですが、実際に弄ってみると、これが中々難しい。

 基本的にはhtmlで書いた内容がそのまま表示されるのです。
 ……が、レイアウトを考え、イメージとテキストを用意し、いざ入力してみると、
 画像が表示されない、タグが効かない、style属性も反映されない……なんだこりゃ?

 思った通りに表示されない内容に悪戦苦闘が続き、もはや原型を留めなくなるほどに改造し、自分でも解読不能になったテンプレを破棄すること数回、ようやく全容が掴めてきました。

 どうやらhtmlの特定のタグがjavascriptで弾かれる仕様らしく、特にページ全体の骨組みに関わる部分のほとんどは改変しても無効化されるようです。

 google codeの専用ページに使用可能なhtmlタグのリストがありました。
 http://code.google.com/p/bookreader-js/wiki/AvailableTags
 
 見ての通り、かなり制限が厳しいです。
 文章のみを流し込んで使うもの、と思った方がいいようですね。
 その割に、html4.01strictでは禁止されているstrike要素やp要素のalign属性が使えたり、なんかちょっと違和感はあります。
(普段htmlしか使ってないので、これらがxhtmlで非推奨になっているのか僕は知らないし、そもそもDTDがTransitionalである以上、おそらく使って構わないのでしょうが)

 また、p要素内にimgで画像を入れるとインライン表示される、と書かれていますが、実際に表示すると画像を文章中の一行内に収めようとするようです。ブックリーダー画面でフォントサイズを小にすると、結局表示されないのと大差がありません。

 これを見つけられずに数時間が泡沫と消え、「htmlなら編集自由、簡単!」とか記事に載せていたことが実に恥ずかしい限りですね。一体誰だよ、あんなこと書いたのは。

 http://www.u-1.net/2008/06/26/1261/

 こちらのブログの方はbookreader.jsの仕様をハックし、制限を解除するパッチを公開しています。
 おお……ブラボー!! 何らかのツールを使う度に思うけれど、こういう凌ぎ技を見つける人ってなんか格好良いですよね。 
 javascriptなんぞ触れたこともない僕には、js拡張子のファイルを弄れるほどの度胸はありませんが、こちらに載っている方法を使えば、class属性や制限されているインラインタグを用いて、初期状態よりも自由な編集が可能になりそうです。

 いずれにしろ、実際にブックリーダー化できるのは、だいぶ先のことになるだろうなあ。
  1. 2009/06/11(木) 22:05:58|
  2. 生田 六之助
  3. | コメント:1
  4. | トラックバック:0
<< biblio | ホーム | ブックリーダー >>

コメント

>ソフ倫云々規制

日本の議員が、気に入らないという理由だけで、裏から圧力かけて自主規制させたという某掲示板での情報を真に受けて、憤っているワタシはきっと愚か者(ry
  1. 2009/06/12(金) 03:54:15 |
  2. URL |
  3. ノ・ムー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rf01.blog66.fc2.com/tb.php/122-fbd59989
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。