スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第十回文学フリマ・完

祝・流星ラジヲ-for any listener-[兆]完売!!

 第十回文学フリマが終了しまして、おかげさまで流星ラジヲの上巻となる「流星ラジヲ-for any listener-[兆]」が50部全て完売となりました。正直こんなに爆発的に売れるとは考えてもいなかったので、大慌てで完売御礼の立て札を作る羽目に……しかも私は自分の持っていた文庫を友人にあげてしまっていたので、自分の分が残ってないという悲劇。嬉しい悲鳴ですが、普通に悲鳴でもありましたとさ。ヒャッホォォオオィ! お買い上げくださいました皆様、本当に有り難うございました!


 というわけで、終了後居酒屋に突撃したRFメンバーによる緊急会議で話し合った結果、

「流星ラジヲ-for any listener-[兆]」再版が決定しました。

 当サークルのモットーである「好きなことを好き勝手やって、楽しければそれでいい」という性質上、RFは単価1400円前後の文庫本を500円で売っているので、売れば売るほど赤字が増えまくります。それゆえに在庫のなくなった商品の増版は一切考えていなかったのですが、今回は上下巻の二部構成ということもあり、下巻だけ残っていても仕方ないという理由で30部の追加増版をすることに決定致しました。
 オマケで付属していた”しおり”は初版限定ということで付属しませんが、増版した本書のみを次回第十一回文学フリマ以降でも引き続き販売を続けることになりましたので、どうぞよろしくお願い致します。



 ちなみにRedFreaksの次回参加予定イベントには8月に開かれるコミティア93を予定しておりましたが、今回で流星ラジヲの上巻のみが完売してしまったので、不参加となりました。次回のイベント参加は12月5日の第十一回文学フリマとなる予定です。RF4人目のメンバーである日高陽を迎えての新作短編集の作成もすでに進行中です。


 次回発表の新刊は「ダークヒーロー」「アンチヒーロー」を題目に取り上げて、藍川サイ、ノ・ムー、日高陽の三人による三作のライトノベル中編作品を掲載。346ページという特大ボリュームを記録した「Odds and Ends 2」すらも上回る超特大ボリュームで、にも関わらず価格は相変わらずのワンコイン500円。……を、予定しております。予定は未定ですが、ほぼ確定です。

 ―――その名も、

g10643.png

 That's too bad!!

 著者各人の得意分野を120%発揮して贈る「That's too bad!!」は、陰湿で憂鬱な流星ラジヲとは180度方向性を切り替えて、HEROICで爽快に、FANTASICで快感に、STYLISHで痛快に。
 RF初となる挿絵を惜しみなく取り入れて、王道で、しかし外道に。
 RFならではの書き下ろし三作品を惜しみなく詰め込んだ新刊を、乞うご期待ください。



 それでは、以下文学フリマ雑記

 http://d.hatena.ne.jp/jugoya/20100523
 


 まずは第十回文学フリマを終了しまして、販売側として参加された皆様も、お客様としてご来場くださいました皆様も、本当にお疲れ様でした。
 天候に恵まれず、ただでさえ大勢の人々でごった返す会場内は蒸し暑かったにも関わらず、来場者の数は過去最高規模だったように見えました。通路を歩くだけにも進んでは止まり、進んでは止まりを繰り返す必要があるほどの盛況で、文フリ恒例の壁際読書族もいっぱいいっぱい。戦利品を読もうにも落ち着いて読める場所がない程のひとを、秋葉原で開催されていた頃から参加している私たちとしては「文フリも本当に大きなイベントになったなぁ」と感慨深く眺めていました。

 当サークルは過去作「OaE」と「OaE2」を売ることをほとんど放棄して、最新作流星ラジヲに販売の的を絞っていたわけですが、開始早々に前回の文フリで上巻をお買い上げくださった方々が続々と下巻を求めて来てくださったり、「イベントに来られなかった友達に頼まれて」と下巻を、ついでにご自分の分も上下巻をまとめ買いしてくださったり。

 前回の文フリ、及びコミティア91で販売した上巻は、残っていた22冊がイベント終了を待たずして15時の段階で完売
 初公開となる下巻は、上下完同時購入の方も非常に多く、19冊が売れました。
 Odds and Ends 2も1冊売れ、総販売数は42冊。これは初参加時にOdds and Endsが記録した24冊に単体では勝らずとも、一日に売り上げた総数としては過去最高となる成果です。上巻下巻、それぞれ15冊程度売れれば上出来だと予想していたので、これにはRF一同非常に驚いていると同時に、この上ない喜びを感じております。
 上巻を読んだ流れで下巻を買ってくださった方々、衝動的に買ってくださった方々、事前からチェックしてくださっていた方々―――RFの作品を手に取ってくださった全ての方々に、この場を借りてお礼申し上げます。本当にありがとうございました! 売り上げの半分はメンバー4人の打ち上げ代金になりました!

 流星ラジヲに関する感想、苦情等もお待ちしております。トンデモナイエンディングを迎えての完結を果たした作品なので、下手したら苦情のほうが多いです。どんと来いです。できればお手柔らかに。



 というわけで、赤字企画の軍団は宅急便など一切使わないで重い段ボールを載せたキャスターをガラガラと引いて帰宅を余儀なくされているため、喜びや、あるいは平凡な肉体疲労で困憊しております。それでは本日はこの辺りで。

 最後に。
 ツイッターでの相互フォローを始めとして愉快な交友をさせていただきました、脳内はちみつジャンクションのお二方。隣同士の御縁でわずかでしたが笑い話をさせていただきましたシアワセモノマニアのお二方。そしてRedFreaksのブースの前で立ち止まってくださった全てのお客様方に、感謝を。



 追記:

 チラシとして無料配布した藍川お手製の「流星ラジヲ完結記念うちわ」は、自分たちの分を除いた26枚が昼過ぎには全て捌けてしまいました。自称「チラシに定評のあるRF」としては、こちらも嬉しい限りです。原価300円近いうちわは今後も永久に非売品ですので、入手できた方は今夏のオトモにぜひどうぞ。

 
  1. 2010/05/23(日) 23:15:53|
  2. 藍川 サイ
  3. | コメント:0
  4. | トラックバック:0
<< 今日は何の日? | ホーム | 酷すぎる悲劇 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rf01.blog66.fc2.com/tb.php/159-c4b1f913
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。