スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

(タイトル長杉たので省略)


 書いている途中で、唐突に私の左手が半角キーとtabキーを押し間違え、
 さらに唐突に私の右手がbackspaceキーを押すという最悪コンボを発動し、
 書いた文を白紙に戻しては「もう二度とブラウザ上では書かねえよ!」と心に誓い、
 しかしそれでも結局ブラウザ上でブログを書いています。

 正直メモ帳を前にするとやる気出ませんよね。
 でもWord立ち上げるほど気合入りませんよね。
 Windows標準搭載のワードパッド? なんだっけそれ。



 それでは僕の駄文はこのくらいで、ここから下はRFの情報ゾーン。
 

 「くれなゐ」第一号が満を持して近日公開……かも!←ここ予防ラインなので注意。

 前回の第零号が藍川さんによる前文とRFメンバーによるキャッキャウフフという内容だったので、「なんでえ小説がねえじゃねえか。文芸サークルが聞いて呆れらあ、べらぼうめ!」と吼えた江戸っ子な御仁も多いかと思います。

 が、ちょいとお待ちよ御前さん。今度の「くれなゐ」は一味違う。
 我らが頭領藍川サイの「文フリ」レポートに、藍川・ムー御両人の短編小説を掲載、内容満載で一端の文芸誌として楽しめるってえ寸法だ。こいつぁ見逃せねえなあ!
 え、生田は書かねえのかって?

 ……生田ってのは一体誰だい?



 こんなことを書くと二人に「サボんな!」と言われてしまいそうなのでこの辺で。
 一応僕も今回ちょっとしたコラムなんかを載せようかと思っています。
 「ブログで書くのと何が違うの?」
 「ブログの記事数ですら圧倒的に少ないのにコラム書くの?」
 「つーかほんとに書くの? マジで?」
 とか言われると返答に窮するのでそこら辺はお手柔らかに……。

 また、この第一号の後も連載などを予定していますので、皆様、今後の「くれなゐ」に乞うご期待!
  1. 2008/06/11(水) 22:42:21|
  2. 生田 六之助
  3. | コメント:0
  4. | トラックバック:0
<< 奴はとんでもないものを盗んでいきました……あなたの点棒です。 | ホーム | 絶望した! >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rf01.blog66.fc2.com/tb.php/44-34e7291b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。