スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

映画強化月間


 お久しゅう!(誰だ

「もしや藍川死んだんじゃね?」と思っていた方も多いでしょうが、残念ながら生きています。

 ええ、非常に残念です。文学フリマ落ちました。

 発表のタイミングがおかしいって? それが藍川ですよ。

 


 というわけでここ二週間、日曜が来るたびに生田氏と「創作意欲向上のため」という名目で映画を見に行ってるわけですが、最近は面白そうな映画が次々と公開されてるので喜ばしい限りです。

 今日はそんなレビュー。




 まずは先週に見た「ダークナイト」から。

 初期のCMを見る限りでは悪役メインの映画なのかと思っていたら、まぁ実際にそうでした
 あとになって「バットマン・ビギンズ」の続編ということがわかって、あーなんだバットマンかーじゃー面白いだろうなーと思って映画館へ行ったわけですが、まったくもって裏切られましたね。無論、いい意味で。

 もはやバットマンでありながら、その敵である「ジョーカー」のほうがメインと言っても過言ではないというか、すでにそっちのほうが事実というか……どう考えてもバットマンより際立ってます、ジョーカー。
 史上最強最悪のイカれた犯罪者が頭脳明晰という犯罪的な(事実)キャラを熱演された期待の俳優ヒース・レジャーは、この映画を撮り終えた直後に急死してしまうという曰くまでついている、バットマンに対する最悪の敵。2時間半という超ボリュームも”おいしい”ですし、バットマン独特のガジェットの活躍も見どころ満載。
 もちろんバットマン当人に関しても、昔から存在しながらにして、なぜか”かぶ”らないキャラクターが面白い。似たようなキャラ設定はいくらでもいますが、その原点にいるのはたぶん彼なんでしょうね。

 何が「ダークナイト」なのかは、映画を見て自分で知りましょう。
 そのときは「ダークナイト」という単語と意味が、自分の中できっと変わります。

 結論。
 アクション映画として期待するのはNG。しかし”正義”のヒーローであるバットマンが、”絶対悪”であるジョーカーと繰り広げる予想のつかない心理戦や、バットマン自身の葛藤、多彩な方面から迫る危機と展開は大いに期待して可。
 ただし、アメコミの色はたっぷり残っているので、もしかしたら賛否両論あるかもしれません。




 次。っていうか今日。「ハンコック」

 ウィル・スミス主演の最新作ッ! ということで期待していたわけですが、期待していてよかった(笑)
 ウィル・スミス演じるハンコックは、なんでもかんでもやりたい放題のスーパーマン。空を飛び、銃弾を弾き、車を投げ、ビルを破壊する。破壊しまくる。破壊しすぎて嫌われる。
 ジャンプすれば地面が砕け、着地したって地面が抉れ、投げた車はもちろん壊れ、強盗犯の乗せた車は建物に突き刺す。もちろんそんな必要はないのに、とにかく何でもかんでもやりすぎて嫌われる
 ヒーローですか? いいえ、クズヤローです。
 スーパーマンと誰もが認める超人だろうと、性格がクズすぎて子供にまで罵倒される始末のハンコック。そんな彼が助けたひとりの男に会って、彼は徐々に変わっていくわけですが……

 とりあえずジャンルとしては、スーパーマン系のカテゴリーには含まれません
 まったくこれ私の知識内では適切なカテゴリー分けができないんですが、今は気にせずレビュー続行。

 内容は 笑いあり 笑いあり 笑いあり 涙あり 、みたいな比率なんですが……嫌われ者で不器用なハンコックが、ひとに感謝されることの喜びに気づいて、自分を変えるために努力する……というより、うーむなんだろう、世界の人々は脳みその1割くらいにしか考えてない気がしたりなんだったり。
 あとの1割が自分で、大半の8割は友のためじゃないかと、個人的には思って楽しんでおく
 敵らしき敵はいません。強いて言うなら自分自身の不死身の謎と、付きまとうカルマ。
 最初はどうしようもないクズヤローだったハンコックですが、物語が進むにつれて徐々に”いい奴”になっていく彼を見ていると、最後にはどうしても無力ながらハンコックを応援したくなるという、不思議な魅力が素敵です。

 これは涙を湛えて見る映画だと、私は思います。
 この映画を見る機会がありましたら、最後にはこう応援しましょう。

「がんばれハンコック! 次はもっと、その次はさらにもっと、高く飛べるはずだ!」


 そんなことでパクリ風味な映画強化月間はたぶん継続中。二十世紀少年とかデトロイト・メタル・シティも見たいですからね。お金ありませんが。

 
  1. 2008/09/01(月) 01:48:41|
  2. 藍川 サイ
  3. | コメント:0
  4. | トラックバック:0
<< SAPP Time! | ホーム | 北京五輪 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rf01.blog66.fc2.com/tb.php/61-c711c211
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。